プラセンタの商品ってたくさん売られてるけど、どれがいいのでしょう?

ニキビ予防とニキビ跡への効果

  • HOME »
  • ニキビ予防とニキビ跡への効果

プラセンタの抗炎症作用で、皮膚組織に損傷が及んでしまう前に鎮静化させ、ニキビの悪化を防ぐ効果があります。

顔や背中などにニキビは皮脂の過剰分泌や古い角質が原因であることが多く、皮脂の分泌量が多いと、皮脂と不要な角質が混ざり合って毛穴をふさぎます。

毛穴がふさがると皮脂がきちんと排出されず、出口を失った皮脂はニキビ菌を増殖しニキビの原因となり、かゆみや痛み、腫れをともないます。

ニキビは一度できると治りにくく、ニキビは放置すると、色素沈着などをおこしてシミになったり、赤みが残ったりなどのニキビ痕(にきび跡)が残り、無理に潰したりするとクレータ状のニキビ跡として残ってしまいます。

プラセンタの有効な作用の一つである基礎代謝促進作用は、肌の入れ替えする力を向上し、古い角質をはがれやすくします。

古い角質がなくなると、毛穴まで洗浄(洗顔などで)でき、きれいに保てることからことから、ニキビのできにくい肌を作ることができます。

なんと皮膚科ではプラセンタを直接ピンポイントで注射するなど、プラセンタを使用した治療法を用いるところもあります。

プラセンタはニキビ痕を残さないように働きかけるだけでなく、さらに組織の修復を促す肉芽形成作用でニキビ痕の改善に高い効果を発揮します。

ただ全ての人に良い効果をもたらすとはかぎりません。

プラセンタを始めてからニキビが悪化したということもまれにあるようです。

そのような場合は、肌の入れ替えが活性化され、一時的に悪化したように感じる場合もありますが、そもそもプラセンタ自体が合わず、悪影響を与えている可能性がありますので、使用を控えましょう。

PAGETOP
Copyright © プラセンタ All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.