プラセンタの商品ってたくさん売られてるけど、どれがいいのでしょう?

病気の予防や改善に効果

  • HOME »
  • 病気の予防や改善に効果

プラセンタの持つ活性酸素除去、基礎代謝促進、血行促進、免疫力強化作用など、様々な病気の予防や改善に効果があります。

病院でもプラセンタ

プラセンタは、病院のいろいろな診療科で病気の予防や改善に役立てられています。

内科や外科だけでなく、産婦人科や皮膚科、眼科、耳鼻科など、他にも多くの診療科で使用されています。

肝機能障害や更年期障害、乳汁分泌不全などの治療には健康保険が適用されます。

病気にかかりにくく、かかっても治りやすい強い体に体質を改善します。

また、疲労を回復するための栄養素が豊富に含まれています。

エネルギーを効率よく使える疲れにくい体に体質を改善します。

 

精神疾患にもプラセンタ

プラセンタには精神を安定させる作用があり、鬱病などの心の病気の改善に効果を発揮しています。

体温を調節したり、汗をかいたり、心拍数を上げたりなど、自分の意識では出来ない動きをするための神経を、自律神経といいます。

やる気が出ない、何となく不安、イライラするなど、このようなときは誰にでもあります。

心の動きは意識的に行うことは出来ません。

このような自分の意思で出来ないことは、自律神経が行っているのです。プラセンタは自律神経のバランスを調整することで、精神を安定させます。

自律神経は交感神経と副交感神経の二つから成ります。

交感神経は昼の神経と呼ばれ、体を活発に動かす働きをします。

対して副交感神経は夜の神経と呼ばれ、体を休めるための働きをします。

この二つの神経が昼と夜にバランスを切り替えながら、私たちの体を活動的に動かしたり、休ませたりして体調を整えています。

ですが、このバランスが乱れてしまうと、活発に動かなければいけないときに動けなくなってしまいます。

プラセンタには自律神経のバランスを調整し、精神を安定させる作用がありますので、精神的なストレスを解消して、精神的疲労を回復する手助けとなります。

PAGETOP
Copyright © プラセンタ All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.